ROSE
ROSE

 生花業を営む家に生まれた私は、幼い頃から花に触れ、花を感じて育ちました。畑一面に咲き誇る花は、私にとっていつもやさしいなぐさめとなり、時には力強く励ましてくれる存在でもありました。花に触れる時に何よりも大切なのは、活ける技術ではなく、その人がどんな気持ちで花を想うかではないでしょうか。そんな花と人との触れ合いをつなげていこうと、フルール ド ソレイユはスタートしました。

水崎 朝恵

NEXT BTT

上のボタンをクリックすると次のページになります。